スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

タイヤを交換するの巻

もうさすがに雪は降らないでしょうね~

車に降り積もる花粉を見るだけでくしゃみが出そうなので、
洗車ついでにはじめてのタイヤ交換をすることにしました。
<

まずはジャッキアップする前に、ジャッキを入れる穴を出現させます。
黒いステップの下に、丸い銀色の物が見えると思いますが、
これを外すと、ジャッキを入れる穴が出てくるのです。
ところが、これが硬くて取れない(o_ _)o
これができない限りは先に進めません。
なんとか取れましたが、この時点でだいぶ疲れましたw

さて、やっとこさ出てきたジャッキ穴にジャッキを差し込みます。

ジャッキアップする前にボルトを緩めておいて、
なんか特殊な形ですが気にせず回していくと、
車の右側全体が浮き上がりました。


そんな状態でナットを外してみると、
外れたのはナットではなく、ボルトでした。
普通の日本車だと車側がボルトで、タイヤ側がナットですが、
ワーゲンは車側にボルトのメスがあるんですな~


ジャッキアップしたついでに、
ビートルの床下も見てみました。

ところどころサビも見えますが、これは30年物
ある程度は仕方がないでしょう。
この先、この床が抜けないように、丁寧に乗って行きたいものです。


ということで、無事にタイヤ交換も終了。

今回は途中で人手が欲しくなって、
先輩を呼び出してしまいましたが(笑)
次はこの経験を生かして一人で何とかできればなと思いました。


あとは走っている途中でタイヤが
単独行動を起こさないように祈るばかりです(-人-)
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oomatipalk.blog56.fc2.com/tb.php/87-dda4bee7

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。