スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

O.A.

[予選の話]
[当日の話]



最初は調子よかったんだけどなぁ…(* ̄- ̄)
正直、理系のおいらにはわからん問題が多かったです。

せっかくわかっても先に押されちゃうし~(o_ _)o
せっかく持ってた角をアタックチャンスで消されちゃうし~(;´д`)ノ

なんだかんだで1枚だけ死守できました(*´o`)ほっ

しかし実際の本番では、
おいらも含めてもう何問かお手つきがあって、
結構立ったり座ったりしてたんですが、
うまいこと編集されてました。さすがプロw

とはいえ、やっぱり不完全燃焼
5年後はリベンジですよヽ(´∇`)ノ
スポンサーサイト
 
 

アタック25参戦記Σ(´□`*)

ということで行ってきましたアタック25
結論から言いますと惨敗でしたけど・・・(o_ _)o

場所は大阪の朝日放送


前もって送ってもらった案内には、正面玄関受付が集合場所となっていましたが、休日のためかシャッターが・・・
仕方がないのでABCホール側にある通用口へ回ります。

集合時刻の13時になっても誰も迎えに来ません
警備員さんに取り次いでもらいますがそれでも出てこない
結局30分遅れでスタッフの方が見えられました。

まずは4人そろってざっとしたスケジュールの説明
そのあとすぐにメイク室へ移動してお化粧ですww
といっても男性陣は化粧水のあとファンデーションを塗られただけでした
しばらくメイク室で4人放って置かれたもので、ここで初めて自己紹介などなど
どうやら心配していた鉄道員大会ではなさそうです(笑)

メイク室の後ろの方では
芸能リポーターの井上公造がよくわからないお姉さん方と合コンの相談をしてました(笑)
なぜか阪神の井川も来るそうだ(爆)

メイクが終わるとスタジオの隣のリハーサル室へ
ここでディレクターとプロデューサーの方から
クイズの内容やパネルの取り方などについての説明がありました。

そしていよいよスタジオへ入ります。
まずは解答席の自分の名前が合っているかどうかをチェック
僕の名前の漢字は簡単なんですが、ちょっと異体字になってまして
普段の書類とかは普通の字体でも構わないんですけど
特に頼んだわけでもないのに、きちんとなっていたのでちょっと感動でしたww

4人が解答席にそれぞれ着席して
まずはイスの高さや位置、マイクの場所などを調整


解答席の装備なんですが、まず押しボタンが左右1つずつ
利き腕にかかわらずどっちを押しても構いません。
真ん中奥には小さめのテレビモニターがあり、
映像クイズなども含めて普段テレビを見ているのと同じ感覚です。
それから真ん中手前には自分と、ほか3人のパネル獲得数のカウンタがあります
この数字に一喜一憂するわけです(笑)

そうこうしている間に児玉さんと沢木さんがスタジオへ
早速リハーサルが始まります。
各解答者に1問ずつ簡単な問題が出されて、正解して、パネルを取るという
一通りの手順です。
そのあとは早押し形式で数問。

そして本番、真剣勝負の始まりです。
実際の内容は見ていただくとして、
児玉さんの「アタック、チャーンス」で一度撮影が止まります。
その間に、各自不正解だったときの席を立つ、戻るという部分を撮影します
また、番組の生き字引というおじいちゃんが出てきて、
アタックチャンス後のパネルの取り方について相談に乗ってくれます。

再びスタジオに戻ってきた児玉さんの手には銀色に光る缶箱
中からアメを取り出すと、解答者に配ってくれるのです。
僕も3つほどもらって、イチゴミルクキャンディーを口に入れたところで収録再開(ノ><)ノ
急いでかみ砕きましたw

結局最初にも書いたように、
何がなんだかわからぬうちに終わってしまいました。
とりあえず0枚じゃなくてよかった・・・そんな感じです(o_ _)o

写真は商品のお財布セット♪


ちょうどお財布もくたびれてきたところだったので
ちょうどよかったですw
ウェッジウッドのカップセットは新婚の妹が欲しいというので実家に置いてきましたw

1度出場すると、放送日から5年間は再出場不可だそうです。
今回の反省を胸に、ぜったいリベンジしてやるぞヽ(´∇`)ノ

しかし帰ってきたあとに見た、とんねるずの皆さんのおかげでしたの
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権は最高だった(爆)
生で見てきた直後だしねw
 
 

アタック25 その1

2週間前のとある夜
PCに向かいつつもテレビに目を向けたところ、
そこに映ったのはアタック25の予選会開催のお知らせ。

ただなんとなく、HPから申し込みをしてみました。

今月は適度に仕事が立て込んでたので、
そんな申し込みもすっかり忘れてた1週間後、1枚のハガキが届きました。


どうやら知らないうちに第一関門を突破していたようですw

そんなわけで、今日は予選へ行ってみることにしました。

会場は県庁がある駅前にあるABCの地元系列局
車はダメとの事なので、電車で向かいます。

集合時間の10分前に到着してロビーに入ると、
中にはもういかにもという感じの方々ばかりw

誰も声を交わさない静かなロビーで、
一人土木施工の試験勉強しながら待ちます。
集合時間から15分ほど遅れて、会場へ案内されました。

会場は4階にある大きな会議室で、参加者は40人ほどいるようです。
机の上には記念品のボールペンが置いてありました。


机の上には一緒にアンケート用紙兼履歴書のようなものが
住所氏名と会社名、仕事の詳しい内容、趣味、特技、
アタック25への出場履歴、他クイズ番組の出場履歴、
好きなジャンル、苦手なジャンルと自己PRを書き込んでいきます。

ちなみに私こういうのは全く初めてです(;ノдヽ)

アンケート用紙が回収されると次はメインイベント
問題用紙が配られます。
問題は30問、時間は8分

おいらの手ごたえとしては23~4問できたかなという感じでしょうか?
問題用紙が回収されて、すぐに採点。
結果が出るまで20分ほどまた待たされます。
もう何をしても仕方がないので、また土木施工の試験勉強w

さて、試験官が戻ってきました。
今気付きましたが、どうやら今日の予選は
この試験官が一人きりでやっているようです。

今回の筆記合格者は8名、
点数順がバレないようにシャッフルしてから合格者発表
僕は最後の最後に呼ばれました(--;;

ダメな方はこの場でサヨウナラです。
40人ほどいた会議室はたった8人になってしまいました。

まずはポラで写真撮影
その後に8人一列に並んで集団面接でした。
一人ずつの自己PRと、先程書いたアンケートを元に試験官が2~3質問をしていく感じ
8人の内訳は、保健所、郵便局、主婦、製麺所、クイズマニア、中国留学帰り、小学校の音楽の先生とおいら
おいらは仕事内容についてと、宝塚線の事故についてについての質問があったので
緊張しながらもなんとか答えてみました。

面接での合否結果は概ね2週間後に来るようですが、
もし合格であっても、イコール出場決定ではないそうです。

合格の場合は、出場者リストに載って
基本は筆記の結果のいい人から大阪に呼ばれるそうです。
1年間の出場可能期間が過ぎてしまった場合は、
またハガキかネットからのスタートになるそうです。

さて、面接も終わってテレビ局を出たら、
緑色のワーゲンが駐車禁止の場所に停まってました♪


元々はヤナセの正規輸入車っぽいですが、いろんなところに手を加えてありますね~
こいつはどんなエンジン音なんでしょうね?
また今度会うときはお互い動いてる時にしましょう(*´▽`)ぱぁぁ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。